« 夢花李『同細胞生物』(太陽図書KRAFTコミックス) | トップページ | BLOOD+と腐女子 »

Episode-26 サヤに従うもの

「リクがいなくなったら、オレは一人になっちまう」 ディーバに血を吸われ命が失われようとしたリクが、サヤの血によりシュバリエとして生き続けることになるのは、このカイの悲鳴にサヤが動かされたからです。 その瞬間、カイとサヤとリクの兄弟の絆が断ち切られたように見えました。 しかし、血の絆によりサヤとリクは血縁以上に結びつくとは、皮肉なものです。 カイが兄貴ぶって弟離れできずにいるのは、薄れゆく血縁の絆にすがっているいるように見えて、心が痛くなります。

「サヤはサヤのままに」 ハジはひざまづいてそういいましたが。 あれ、狙ってますか? 腐女子に黄色い悲鳴を挙げさせようとしています?

ヲトメの永遠の夢という気もしますが、好みのカップリング(私の場合はアキヒカ)に置き換えると、かなり萌えるような気がしませんか? 私は萌えましたよ。

シフとは何者か、次回の予告をみて、ようやく判ったような……。 次回も楽しみです。

|

« 夢花李『同細胞生物』(太陽図書KRAFTコミックス) | トップページ | BLOOD+と腐女子 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/83991/1345406

この記事へのトラックバック一覧です: Episode-26 サヤに従うもの:

« 夢花李『同細胞生物』(太陽図書KRAFTコミックス) | トップページ | BLOOD+と腐女子 »