« BLOOD+と腐女子 | トップページ | Episode-28 限りあるもの »

Episode-27 パリ・ジュテーム

ネタバレありです。

シフの正体が、ディーバ側の創った生物兵器の一種だということが明らかになりました。
おそらく、例の葡萄酒の中身と同じくディーバ側の生物兵器戦略の一貫(というか出発点)という形で物語の大きな流れに係ってくると予想しています。
異形の翼手が人へ投薬することで造られるように、シフも元は人なのでしょうか?
シフが意思を持つがゆえに脱走したことを反省材料に、理性も感情もない異形の者を兵器として造りだそうとしたのだと思うのですが……
翼手であるシュバリエが、使い捨ての駒のような翼手を造り出す、その意図はどこにあるのか。
単純にディーバ側の組織拡大のための資金作りというだけではない意図がそこにはありそうで、今後の展開の楽しみなところです。
とはいえ、使い捨ての駒とされた人のことを思うと、その無常さがやりきれません。

カイは、「リク(やサヤ)の帰る場所を作って待つ」、という役割を思い出し、それをイレーヌに肯定してもらうことで、心の平安を取り戻したようです。
よかった。
「帰る場所になる」って同じことをサヤに対しても思ったはずなのに、リクがシュバリエとなったことで動揺して、そして結局また同じ結論にたどりつく。
これはサヤが、翼手と戦う自分を受け入れては否定し、また受け入れては否定しを繰り返しながらディーバと会い、戦うことの自覚をもったのと同じ構造で、一見、同じことの繰り返し。見ていると「悩んでばかりではっきりしないヤツ。うざったいなぁ」との感想をもっちゃうんですが。
サヤは何度も心を揺らして戦うこと・翼手であることを受け入れてきたからこそ、ソロモンの「肉親と共に」という誘いに簡単に頷かずにいられたのだと思います。
そんなふうにカイも同じように心揺らしながら、異形のリクとサヤと家族の絆を深めていくのではないでしょうか。
頑張れ、カイ。

次回は、サヤがイレーヌを助けることができるかどうかが気になるところです。

|

« BLOOD+と腐女子 | トップページ | Episode-28 限りあるもの »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/83991/1426153

この記事へのトラックバック一覧です: Episode-27 パリ・ジュテーム:

« BLOOD+と腐女子 | トップページ | Episode-28 限りあるもの »