« エマ | トップページ | 谷瑞恵『魔女の結婚-終わらない恋の輪舞-』(集英社コバルト文庫) »

佐々木倫子『Heaven?』6(最終巻 小学館)

ツレが今月の新刊だという情報を何処かから仕入れてきて、購入したもの。
最終巻です。というか、連載終わっていたのですね。
最近、書評サイトを巡回しないので、情報を見落としがちです。
なんというか、「ふーん」という以上の感想はないのですが、ツレは「佐々木倫子も、最終回らしい話を書けるようになったね」と感心していました。確かに、最終回らしいといえば最終回らしいのですが、こういう日常の積み重ねのような話は、日常のままに終わるくらいが余韻があっていいかな、と思いました。その点『おたんこナース』の終わり方の、ちょっと唐突なカンジが、かえって好きかも。
43話の「距離」は、伊賀君のことがよく解る、そして、オーナーのいい加減だけ観察眼だけはスルドイということが解る、素敵な一話でした。ラスト、オーナーの顔が帽子で隠れていたのが印象的で、こういうのは好きだなぁ。

|

« エマ | トップページ | 谷瑞恵『魔女の結婚-終わらない恋の輪舞-』(集英社コバルト文庫) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/83991/1335836

この記事へのトラックバック一覧です: 佐々木倫子『Heaven?』6(最終巻 小学館):

« エマ | トップページ | 谷瑞恵『魔女の結婚-終わらない恋の輪舞-』(集英社コバルト文庫) »