« SFのこと(その6) | トップページ | エマ »

SFのこと(その7)

SF漫画といえば忘れてはいけない、「萩尾望都」。
あ、竹宮恵子もそうですね。何作か読んだのですが、萩尾望都ほどは惹かれませんでした。
SFというには微妙なジャンルだけど、『天馬の血族』(全24巻 角川書店)は面白かったな。

『百億の昼千億の夜』(秋田書店)とか『ウは宇宙船のウ』(小学館)とか。
前に書いたとおり、最初の出会いは原作付きのもので、これもとても好きなのですが、これはそれ以前に読んだ原作の印象がとても強くて。ブラッドベリは短編なのでまだ漫画にしやすいと思うのですが、原作『百億の昼……』は、早川文庫で1.5㎝超の厚みがある本で、しかも多神教と一神教という大きなテーマを持つ作品です。これを漫画として面白く読ませる力量に、ただ感じ入るばかりです。
小説を漫画という手法で再構築することにみごと成功したのは、あの重厚で長大な物語を深く読み込んで自分のものにしたからこそなのでしょう。
すばらしい漫画家という以前に、萩尾望都はすばらしい読み手なのだということに、私は今この文章を書いていて気が付いたのですが、漫画をお読みになった原作者はどのような感想をもったのでしょうか? 何処かで読んだ気がするのですが、どうだったかなぁ?

萩尾望都作で私のお気に入りは
『銀の三角』(白泉社)
『マージナル』(全5巻 小学館)
それぞれ良くて、優劣を付けることはできません。

『銀の三角』は、時間を空間を行きつ戻りつ繰り返しながら、時間の縺れを特定し、それを解くという話し。
明確なモチーフがあるのに、カノンのように定格の演奏というよりは、ミニマムミュージックのような偶然性の繰り返しで奏でられる現代音楽のよう。油断をすると自分が何処にいるか見失ってしまい、その足下の不確かさが何故かとても心地という、なんとも不思議な物語。

『マージナル』は、母と男性のみで構成される社会の話し。
これを読んだのは比較的最近です。
丁度、同じようなテーマでオリジナル小説を書いていた頃で、友人に『マージナル』に似ていると言われて、その時はその感想を流してしまったのですが、後に無自覚に『マージナル』読んでしまったら、自分の書いている話しの不出来さに気が付いて脱力してしまったという思い出があります。
男女差の根本には、女性の「産む性」という肉体の差異の問題があって、この根本がなくなった時に人間の社会は如何に成り立つのだろうか、というしょうもない疑問を今でもたまに考えます。
私がアキラとヒカルが対等であることにこだわることの根底には、実はそんなことがあったりします。が、これを説明するのは、もう数段階説明をしなければならないので、それはまた気が向いたらということで。
そして『大小アキヒカ』がああいう話し(ヒカルの性別不明というあたり)なのは、元はリクエストなんですけど、それを楽しんで書いているのは昔の名残だったりします。

次点のお気に入り。
佐藤史生『ワン・ゼロ』(全4巻 小学館)とか、川原泉『ブレーメン2』(既刊4巻 白泉社)とか。
(川原泉はデビューの頃~別冊花とゆめに掲載された第1作も読んでいたりして~から大好きで、『甲子園の空に笑え』とか『空の食欲魔神』(共に白泉社)とか初期の頃の方が寄り好きかな。「かっこでくくれば同類項」とか「あのの位地がが違う」とか、名言が沢山!)

今一番の注目は、菅原雅雪『暁星記』(既刊4巻まで 講談社)
日本の縄文時代のような狩猟社会で、古い慣習を捨てて周辺の村の統合を目指す「英雄」の物語。
一見異世界ファンタジーの構成を取ってはいますが、私はSFだと思っておりました。途中で出てきたSF的仕掛けに「あっと驚く」(編集部は確かそう煽っていた)よりも、定番なストーリー展開に、ニヤリ。
シャーマンな世界とSF的設定が、これからどうリンクして物語が展開するか、とても楽しみ。

最近読むのは、ヤングアダルトレーベルが多いのだけど、やはり早川文庫のような正統派SFも愉しい!
リアル拙宅の本棚には宝の山が眠っていたから、また書くのに詰まったら本掘りして堪能しよう!

『SF』の項、これにて閉幕。

|

« SFのこと(その6) | トップページ | エマ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/83991/1335780

この記事へのトラックバック一覧です: SFのこと(その7):

« SFのこと(その6) | トップページ | エマ »