« お台場 | トップページ | 漲月 かりの『BLOOD+ ロシアン・ローズ』Ⅰ(角川ビーンズ文庫) »

Episode-30 ジョエルの日記

毎回、少しづつ、でも確実に物語の謎が明らかになっていますが、今回はついにサヤの出生の謎とベトナムでのサヤについてが明らかにっ!

一挙に二つもなんて、大盤振る舞いですね~

かんどー

で、その謎ですがー (以下ネタバレあり)

・サヤとディーバは、アイルランドで発見された異形のミイラの腹から取り出された繭から生まれた。
・初代ジョエルは繭から誕生した生物を、異なった環境で育てた。一方は人間としてサヤと名付けて育て、他方は名前も付けずに動物のように育てた(これがディーバ)
・アンシェルは、初代ジョエルの実験助手で、塔に閉じ込められていたディーバに食事などを与えていた
・ベトナムでサヤは、赤い盾の手により無理矢理覚醒させられ、ハジの判別が出来ないほどに暴走。盾のメンバー・米軍・ベトナムの住民・カールなど切りまくる

など。

サヤにとっては良き育ての親であっても、ディーバへの仕打ちを思えば冷徹な科学者といっても良く、ディーバに殺害されたのも自業自得とか因果応報とかいう類のことなんでしょうね。以前、ディーバが人形を引きちぎるシーンがありましたが、ああいう子供のような癇癪を起こすような社会性の無さはジョエルがちゃんとした教育をディーバに与えなかったからなんですね。理由が判るとディーバも気の毒な気がしてきます。

物語の中のこととはいえ、子供が出来たら用済みというジョエルの発想は、何だか不愉快だなぁ。ヨメの仕事は跡取りを生むことって言うお姑さんみたい。

サヤは扉を開けてディーバを解き放ったことで、全ての諸悪の根元は自分であるかのように思っているようですが、諸悪の根元は好奇心の赴くままにミイラの腹を割き、未知の生物を蘇らせ、あまつさえ危険を想定せずに実験を継続したジョエルにあるように思えます。

まるで初代ジョエルの罪を一人で償うかのような、現在のジョエル。

終わらせることができたらいいなぁ、と思います。

さて、カイ。

イレーヌを結晶化させたことで自らの血それ自体に疑問をもったサヤにジョエルの日記を見に行くようにアドバイス。サヤに傘を貸し戻ってくるまでパリの何処かの店の軒先で雨宿り。そんなカイを見守るシュバリエ二人。

そして、ベトナムでの出来事、なによりハジとの約束を思い出して何処かすっきりした様子でカイと別れた店先に戻ってくるサヤ。

なかなかに感動的な展開なのですが……。

ジョエル、何処にいるんですか?

まさか、マルセイユ、だなんてそんなこと、ないですよね。

だって、リクがジョエルのお古のお洋服をもらったりしてましたものね。

サヤ達のアパルトマンの近くにいるんですよね。

はは。私のカンチガイ。

せっかく三兄弟+ハジが揃ったのに、信号を渡る段になってサヤ+シュバリエが先に行って、カイ一人が置いてきぼり。

今のカイを象徴しているシーンではありますが……

出来れば今後のカイを象徴するシーンではないことを願っております。

全体として、確かに謎の答えは大盤振る舞いで、カイ×サヤのちょっとかんどーシーンもあって、面白いはずなのに、萌え、(燃え)ない?

ハジ×サヤが無いから?

なんて、思ったりもするのですが。

話の本筋がちーっとも動いていなくて、どことなく「幕間」っていう印象が強くて。嵐の前の静けさ、なんでしょうけど、それほどの緊張感がないのが、不思議なところ。

来週はいよいよ、ディーバ側から赤い盾への攻撃が始まります。物語が動くかと思うと、かなーり楽しみです。

|

« お台場 | トップページ | 漲月 かりの『BLOOD+ ロシアン・ローズ』Ⅰ(角川ビーンズ文庫) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/83991/1700182

この記事へのトラックバック一覧です: Episode-30 ジョエルの日記:

» BLOOD+ 30話 感想と考察 [さくぞうの半ヲタ日記]
ジョエルの日記 Real Action Heroes BLOOD+ 音無小夜 小夜とディーヴァが繭としてミイラの中に入っていた設定がドンピシャで当たっていたので嬉しいさくぞうでございます。(笑) ぞろぞろ出た書籍の内容に合わせたかのような展開だ・・・。 女王蜂の行く末 ま....... [続きを読む]

受信: 2006年5月 7日 (日) 13時58分

» 明かされた赤い戦いの謎 [MARGARETの徒然草]
別名アスランこと、ジョエルさんがたくさん喋っていた今日は小夜がジョエルさんを訪ね、日記の内容を知る話でした。ある意味回想でしたね。最後のほうには小夜をずっと待ってたカイもいて、いい感じに落ち着いた様子。そっか…特殊な妊婦のミイラ…。それが小...... [続きを読む]

受信: 2006年5月 7日 (日) 14時28分

» 第1535回 アニメ BLOOD+Episode-30「ジョエルの日記」 [ran rabbit junk's blog]
今回は小夜が自分とディーヴァの真実を知る回でした。 〜あらすじ〜 「ジョエルの日記」に書かれている内容を確認するために、小夜は赤い盾本部・ジョエルの部屋を訪れる。 そこで、小夜は自分とディーヴァに関する出自、1972年ベトナムの惨劇など衝撃的な事実を知る… ...... [続きを読む]

受信: 2006年5月 7日 (日) 21時28分

» BLOOD+ #30 [マニアックにあこがれて]
『ジョエルの日記』 [続きを読む]

受信: 2006年5月 8日 (月) 15時44分

» BLOOD+ Episode-30「ジョエルの日記」 [kasumidokiの日記]
カイが小夜にジョエルの所へ行くよう示唆。 [続きを読む]

受信: 2006年5月 8日 (月) 21時21分

» BLOOD+ 第30話 [木下クラブlog]
さて、火曜日の24時40分位ということで、おkとしておいて。 追加 画面いっぱいで見るならこっち 長ぇ・・・ [続きを読む]

受信: 2006年5月10日 (水) 07時38分

« お台場 | トップページ | 漲月 かりの『BLOOD+ ロシアン・ローズ』Ⅰ(角川ビーンズ文庫) »