« 漲月 かりの『BLOOD+ ロシアン・ローズ』Ⅰ(角川ビーンズ文庫) | トップページ | Episode-32 ボーイ・ミーツ・ガール »

Episode-31 壊れゆく盾

今回も、新展開の序曲。もしくは、ディーヴァが攻めてくるぞ、攻めてくるぞ、と大いに盛り上げようとして。
でも結局最後にチラッとディーヴァが暴れただけ。狼少年のよう。

サヤの、すっきりとした表情が印象的。
ベトナムでの暴走についてカイに語るときも、怯えてはいませんでした。
間近に迫った決戦を前に、サヤは漸く悟りの境地に達した模様。
一方のカイも、「すべてが終わったら、沖縄に三人で一緒に帰ろう」とサヤに。
カイは、何もできなくとも、帰る場所になれるなら、と決意を固めた模様。
ただ、ちょっとぎこちないのはご愛敬。何か言ってサヤを傷つけるのではないかとビクビク。不器用だなぁ(なんか、カイ×サヤっぽい、いい雰囲気)。
リクは、器用にサヤとカイの間を取り持って(無口なハジにアドバイスを求めてまで)、何となく一件落着。三人のキャッチボールは、ほのぼの。

また三人でプリクラ撮れるのかなぁ。
キャッチボールできるのかな。

なんだかできないのような、予感。

ディーヴァが欲しいって言っていた「あの子」
リク
で確定のようです。シュバリエとしてサヤを守らなくちゃって言いながらも、ディーヴァにさらわれてしまうようですよ。予告を見ると。
ハジがディーヴァの花婿なら、ハジと同じサヤのシュバリエのリクも花婿の資格あり?
自分のシュバリエとの間には子供ができないのでは、と予想しております。
生殖の相手を得るために、翼手は必ずワンペアで生まれてくるとか。
先代サヤは、自分の双子の方割れのシュバリエを捕獲して子供を作ったけど、結局はそのシュバリエに頭をかち割られて殺された、とか。

とはいえ、リクはディーヴァのおもちゃのお人形の後継っていう印象の方が強いのですけどね。
そして、飽きたら、ポイっ。
ハジよりも、リクに死亡フラグ立ってません?

ディーヴァのシュバリエたちは皆個性的で見ていて楽しい!
アンシェル長兄、手綱を握るのはタイヘンだ~

ディーヴァ行方不明の一報を受けて、動揺するアンシェルにーちゃんにちょっと萌。
そして、盾への襲撃をリークするソロモンとデビットとの接近ぶりに萌。
腐女子思考で語っちゃうと、デビットもカイも、どこか受っぽい、かな?
いや、その。具体的にどーっていう訳じゃないんですけど。はは。

|

« 漲月 かりの『BLOOD+ ロシアン・ローズ』Ⅰ(角川ビーンズ文庫) | トップページ | Episode-32 ボーイ・ミーツ・ガール »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/83991/1801852

この記事へのトラックバック一覧です: Episode-31 壊れゆく盾:

» BLOOD+ 第31話「壊れゆく盾」 [パプリカのアニメ鑑賞よた話]
V Series Animation - BLOOD+ - 公式HP アニメ・パプリカ 次回予告で、毎回、次回の種明かしをしてくれる本作。 ここぞとばかりに、悪の大総長のような言い様だったコリンズ氏。 ところが、散々待った挙句、アンシェルは会ってもくれない。 それにもかかわらず、....... [続きを読む]

受信: 2006年5月15日 (月) 11時56分

» BLOOD+ 31話 感想と考察 [さくぞうの半ヲタ日記]
壊れゆく盾 BLOOD+(6)喜多村英梨 小西克幸 吉野裕行 Amazonで詳しく見るby G-Tools リクきゅんの純粋ビームにヤラレたのは小夜やカイやハジジだけではなかったわけです。アンシェルすらも手を出さず、翼手の女王すらもノックアウトしていたとは。 帰るべき場所 ....... [続きを読む]

受信: 2006年5月15日 (月) 12時38分

« 漲月 かりの『BLOOD+ ロシアン・ローズ』Ⅰ(角川ビーンズ文庫) | トップページ | Episode-32 ボーイ・ミーツ・ガール »