« BLOOD+ Episode-37 狂おしいまでに | トップページ | 今野緒雪『マリア様がみてる 仮面のアクトレス』(集英社コバルト文庫) »

高野真之『BLOOD ALONE』3巻(メディアワークス)

BLOODですが、映画バージョンとも、ましてやアニメのBLOOD+とも関係ありません。
まったく関係ありません。

強いて共通点を上げるなら、主人公が少女で吸血鬼である、ということ。
こちらは、吸血鬼のかーいー少女ミサキちゃんと、血の繋がらない保護者クロエとの、ゲロ甘な関係を描いた漫画です。

エロではありません。
家族愛と異性愛のはざまにある、でも深い結びつきは、甘いとしか言いようがなく、その甘さを楽しむ物語なのですが。

これが物語の縦糸としたら、横糸はミサキちゃんが吸血鬼となった謎。これはクロエの持つ特殊能力と関わりがあり、ゲロ甘な日常に暗い影を投げかけると共に、ミサキちゃんとクロエの関係を強めていくきっかけとなるのです。

きっと最後は、読者に謎が明かされ、クロエが追う誰かを追い詰めるのだと思うのですが、それはまだ先です。

今月発売の3巻。
縦糸と横糸の絡みがわるかったようです。
ゲロ甘話としては面白いのですが、物語中で謎について言及されたのはほんのちょっと。
それも物語の核にはなっていなかったので、ちょっと食い足りなさが残りました。

今回は、幕間とでもいいましょうか。
ネタを仕込んでいた部分も、見受けられた? ので、次回を楽しみに待ちます。

……

1年半後?

くぅーっ

|

« BLOOD+ Episode-37 狂おしいまでに | トップページ | 今野緒雪『マリア様がみてる 仮面のアクトレス』(集英社コバルト文庫) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/83991/2445780

この記事へのトラックバック一覧です: 高野真之『BLOOD ALONE』3巻(メディアワークス):

« BLOOD+ Episode-37 狂おしいまでに | トップページ | 今野緒雪『マリア様がみてる 仮面のアクトレス』(集英社コバルト文庫) »