« BLOOD+ Episode-41 私の居場所 | トップページ | BLOOD+ Episode-49 二人の女王 »

BLOOD+ Episode-42 響く、歌声

米軍に食料を供給し、ディーバの歌声を合図に兵士を翼手化させる。

アンシェルの企みがようやく表になりました。
とはいえ、やはりそれでアンシェルが何をしたいのか、不明。
表向き、ディーヴァの下僕、彼女の望むことならなんでも叶えましょうという姿勢を貫いていて、
「カイが欲しい」
と聞けば、早速カイを攫ってくる始末ディーヴァにあまあまなアンシェル兄。

とはいえ、アンシェルにとってディーヴァは「知りたい」欲求を満たす道具なだけという可能性もやっぱり捨てきれなくて……。

最終回まで、あと僅かなのにねぇ。
という、なんとなく根本的なところがよくわかんないなぁ、と思いながらも、毎週楽しく見ています。
デヴィット、今日のコスプレは将校さん? とか。
ヴァン、今日の飴は紫だけど、葡萄味? とか。

ソロモンもカイも、ディーヴァの前でサヤを撰ぶから、
「みんなねーさまばっかり」
って、ちょっと拗ねちゃうのが、キュートだわ。とか。
えー。いきなりデヴィット、死亡フラグですかっ? しかもジュリアさんを庇ってっ?
とか。

それよりもびっくりしたのは、ラストです。
ソロモン、勝手にサヤを攫っていっちゃいましたよ?
いきなり、小作り宣言、かましてくれちゃって。
ディーヴァも羨む、サヤのもてもてぶり。
ハジ・カイ・ソロモン、三者入り乱れてのサヤ争奪戦が勃発しましたよっ!
ずっと燻っていましたけどね。
一応、ディヴァvsサヤが迫っているだけに、すっかり忘れていました。っていうか、ソロモン、単純にサヤの味方になるのかと思っていたら、サヤを強制的に戦線離脱させちゃいましたよ……
で、小作りに励むって……
そういえば、監禁*辱なんていうのは、BLでも人気の一ジャンルでしたっけ。

何て言うか。
あまりにも予想外な、萌え要素満載な展開に、大層驚いています。
いやー。びっくりした。
すごいよ。IG。

あんまりびっくりしちゃって、ネイサンが本気のハジに押し倒されて、うっとりしていた素敵なシーンのことが、すっかり頭の中から抜け落ちてしまいました。
そうだ。
やっぱり、私、ネイサン、好きだわ。

と、今日もネイサンへの愛を叫んで、感想終了。

|

« BLOOD+ Episode-41 私の居場所 | トップページ | BLOOD+ Episode-49 二人の女王 »