« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »

彩雲国物語 第28話 案ずるより産むが易し

秀麗の二番目に好きなのは、静蘭。

二番目
二番目

二番目

……

静蘭ががっくり落ち込んでいましたが、一番目が邵可ぱぱであることことがさっくり判明して、問題解決。

でも、朔ちゃんは秀麗にとって、恋愛対象? なことも判明。
恋愛に奥手の秀麗の、弱いところを強引に割り込んでくるから、という自己分析でした。

割り込まれちゃっているんですよね。秀麗ったら。
でも、劉輝がいなかったら、朔ちゃんでも無理だったような気がします。
劉輝によって、開かれつつある秀麗の恋をする心があって、その劉輝に似ていて似てない朔ちゃんだからこそ、秀麗の心に割り込めたのかしら。

ま、美形だし。

声、エロいし。


ほのぼの心の交流なのが、影月×香鈴
香鈴作のおまんじゅう、秀麗が二つで、わかーりやすく愛のこくはく。
でも、その他均しく一個な影月のおまんじゅうは、栗入りの特別製。

カモフラージュ失敗。

二人して、ぽわ~んと頬を染めて、かわいい。


そして今日も新顔さんが登場。
燕青の仲良しさん、有能な官吏のようですが、あれは誰なんでしょう?
燕青とナイス! カップル(←誤) コンビぶりがよいですね。
タレ目がキュート。
隣に髭がいるから、キュートっぷりが目立ちます。
しっかし、次から次へといろんな種類の美形が出てきますねー。


さて。次はいよいよ、琥璉。

茶家とのガチンコ勝負が始まりますよ。

とはいえ1週休み。

そして、

Ⅱ期、放送決定!

おめでとう(ぱちぱち)

詳細はこちらから
http://www.animate.tv/nf/detail.php?id=0000001012

| | コメント (15) | トラックバック (11)

お知らせ

最近アルファベットのスパムコメント・スパムTBが多く、困惑しております。

一時、コメント機能をオフにしたいと思います。

TBは今までどおりで。

少しでも気に入ってくださった記事がありましたら、TB送って下さると嬉しいです。

通信事情が許す限り(お送りできない場合があるのです)お返しさせていただいておりますし、私もいろいろTBさせていただいております。

当面、『彩雲国』が中心で、たまに『ルルーシュ』『天保異聞 妖奇士』などというカンジになると思います。

11月23日 追記

過去の記事について、TBを受け付けないよう設定を変えたものがあります。

一日に10件以上のアルファベットのスパムが来るので、ちょっとイヤになってきました。

もしかしたら、もうちょっとちゃんとスパム対策をしているブログに移るかもしれません。

| | トラックバック (0)

彩雲国物語 第27話 花は折りたし梢は高し

静蘭が頑張った!

とうとう、静蘭、秀麗に告白?!


静蘭、前回朔ちゃんが秀麗おじょーさまを寝台に連れ込んで悪さしようとしてたのが目に焼き付いて離れないらしいです。
なんか言ってやりたい、でも言えない、と逡巡して、秀麗の部屋の前を日がな一日うろうろう~ろう~ろ。
その間秀麗は、二胡を弾いたり仕事をしたり、忙しそうです。

静蘭、ひまじん~、仕事しろ~

って、秀麗の護衛が、彼の仕事でしたっけ?
じゃーダメじゃない? 上司の仕事の部屋に押し入って、

朔洵のことどう思っているんだ! (答え 劉輝に似ていて、正反対な人)

 どうして髪を結ばないんだ! (答え 朔洵がおろした方がいいっていったから)

 秀麗がいつかは恋をするのは解っていたけどあんなヤツはダメだー!

 だったらオレの方がなんぼかいい男!

 っていうようなこっぱずかしい台詞を叫んで、しかも、

 秀麗のことを抱きしめちゃあ(笑)。

 かわいいyo、静蘭!


かわいーといえば、香鈴

前回、影月(本当は陽月)を殺人賊の刃からかばったはずなのに、「どけ、バカ女」と言われたことにご立腹中です。
「がるるるる」
と、影月君が近づくのを威嚇して追っ払っています。
ギャグとしては不発だったけど、香鈴のかわいさはUPした気がします。
その他にも、秀麗のお悩み相談にちゃんとのってあげてね。
「香鈴にとって、茶太保って、どんな人?」
それは、香鈴が秀麗を殺そうとした理由でもあって、聞きづらい、答えづらいことなはず。
それを、聞いてしまう秀麗も「恋ってなんだろう」って真剣に悩んでいたからであり、香鈴も秀麗が悩んでいることを解っているからこそ、正直にイタイ話しをしたのじゃないかしら。

情の深い、よい子だよね。香鈴って。


茶朔洵問題は、彩雲国の権力中枢でも、大いに問題になっています。
王とその側近が頭を寄せて、深刻そうにしています。

なんていうことない、一青年の恋愛問題なんですが、一青年が王様っていうだけで、政治問題になっちゃうんだすよねー。
そして、黎深さま~
すでに朔洵に手のものを差し向け済みとか。さすが、おぢさんだよ~(Love 黎深さま~)
朔洵ったら、おぢさんの放った刺客をことごとく退けているのだとか。

朔洵、侮れぬヤツ

っていうことになったみたいです。

が、私は黎深さまが有能っていうのが、今ひとつぴんときません。
私にとって、黎深が有能である必要はなく、兄と姪を溺愛している、ただのおぢさん。
報われないところが、かわいらしく、よいです。うふふ。黎深さまー


そういえば、静蘭、おじょーさまに甘露茶煎れてもらったのに、飲んでませんでしたよね。
そういえばあれって、朔洵のツケで買った甘露茶でしたっけ。

恋敵の施しはうけねーぜ!

その心意気や。善し!

| | トラックバック (15)

天保異聞 妖奇士 説5 ひとごろしのはなし

♪ かわいいふりしてあの子、割とやるもんだねと、
♪ 言われ続けたこの頃、生きるのが辛かった〜
by ゆきさん

ゆきさん。受け顔なのに、意外とやるじゃん。
強姦未遂に殺人?

とんだ、ダークヒーローだぜ。

っていうのが、感想です。
このアニメ、一体どこに行こうとしているのか。
全く読めません。

|

彩雲国、今日もなし

日曜日に無事にイベントも終わって、今日は彩雲国の感想、書く気満々だったのですが。

テレビ付けたらアニメやってないです。

しょぼーん

また来週からよろしくお願いします。

| | トラックバック (0)

« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »